「電話リレーサービス」は公共インフラになりました!

「電話リレーサービス」は、聴覚や発話に困難がある方ときこえる方を

通訳オペレータが手話・文字と音声とを通訳することにより

24時間365日、電話で双方向につなぐサービスです。

 

令和3年7月1日からサービス提供開始予定です。

事前に利用登録が必要となります。5月中旬から利用登録を開始予定です。

詳しくは、(一財)日本財団電話リレーサービスのHPをご確認ください。

(一財)日本財団電話リレーサービス<リンク先>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください